飛行機の待ち時間の過ごし方

飛行機に乗る時には時間に余裕を持った方が良いと誰もが言いますが、あまりにも余裕があり過ぎる時には空港でどのように過ごしたら良いのでしょうか。
格安航空券で飛行機に乗るとしても待ち時間が長いと徐々に疲れも出てきます。
格安航空券をゲットした喜びも半減してしまわないように、有効活用する事がおすすめです。

短期のプランなら空港で先にお土産を買う

飛行機を利用して移動するプランが短期間の場合は、先に待ち時間を利用してお土産を買ってしまい、自宅に郵送すると言う方法があります。
自分が帰宅するころにちょうど届くようにしておけば問題なくスムーズでしょう。

誰でも旅の帰りは疲れるので、先に忘れないうちにお土産を済ませておくと言うのはなかなか良い方法です。


空港で待ち時間があっても気を付けたい事

待ち時間が長いからと言っても気を付けたい事があります。
飛行機の出発時刻の20分前には搭乗口に集合する事です。
飛行機は出発時刻の15分から20分前になると搭乗開始になるので、多めに見積もって20分前に集合しておけば問題なく搭乗出来ます。

この時間設定を頭に入れておきながらも、もう1つ気を付けたい事があります。
飛行機にはトイレが付いているものですが、出来れば飛行機に乗る前にトイレには1度入っておきましょう。

飛行機にトイレがあると言っても、離陸してから水平飛行になってトイレに行けるようになるまでは20分程度かかると言われています。
そのため、飛行機に乗ってすぐにはトイレに行けないのです。

こうした事を考えると飛行機に乗る前に空港で待ち時間の間にトイレを済ませておく事が無難です。
特に小さなお子さんが一緒の場合は、必ず済ませておく事が良いです。

空港での過ごし方のまとめ

空港では待ち時間が長くても飛行機の出発時刻の20分前には搭乗口に集合出来るように、その時間の前までに、トイレやお土産の買い物を済ませておくと良いです。
そうする事で、自然と時間も過ぎて行きます。